仮想通貨のお財布のような役割を果たすウォレットと分散保管

仮想通貨は、電子媒体のお金になります。海外にスピーディーに送金できますし、とても便利な通貨であることは間違いありません。手数料も格安です。その通貨を保管する為には、ウォレットというツールを使用することになります。

お財布のような役割を果たす仮想通貨のウォレット

ウォレットは英語でお財布という意味になります。まさに財布のような役割を果たしてくれる訳です。
そもそも現金などは、ポケットの中に収納しておく訳にもいきません。落としてしまう可能性もありますし、現金を整理する必要がありますから、お財布などに収納しておくのが一般的です。
仮想通貨も、それは同様です。セキュリティー面などの問題もありますし、基本的にはウォレットというツールに保管しておくわけです。ただウォレットと言っても、色々な種類があります。1つのウォレットに保管するのではなく、色々分散してみると良いでしょう。複数に分散しておけば、リスクを低くする事もできます。

仮想通貨に対する2種類のウォレット

仮想通貨に関するウォレットには、主に2種類あります。インターネットに接続されたウォレットと、そうでないウォレットがあるのです。前者のようなタイプはホットウォレットと呼ばれ、後者やコールドウォレットと呼ばれます。
そもそもパソコン内にあるデータにしても、その2種類の方法で保管できるでしょう。WEBで保管する事もできますし、何らかのハードウェアなどに保存する事もできます。
前者の保管方法は、クラウドと呼ばれます。いわゆるWEBのデータの保管庫ですが、フリーメールなどもそれに該当するのです。フリーメールなら、一応は画像ファイルなどを保存できるでしょう。クラウドストレージなどは、もっと多くの容量を保存できます。
その他にも、USBメモリなどに保存する方法があります。WEBに接続しませんから、セキュリティは比較的優れているという声も多いです。仮想通貨のウォレットも、そのような2つのタイプがあるのです。

1つのウォレットに全ての資産を集中しない

ただ1つ注意を要する点もあって、あまり1つのウォレットに資産を集中しない方が良いでしょう。考え方としては、金庫に似ています。1ヶ所の金庫に全ての資産を集中しますと、万が一の盗難などに遭ってしまえば、全財産が無くなってしまうでしょう。それよりも、複数の金庫に分散しておく方が安全です。
仮想通貨に対しても、全く同じ事が言えます。あまり1ヶ所に集中するのではなく、複数のウォレットに分散してみると良いでしょう。