内容は?!サイレントワーカー(Silent Worker)を検証!

今もっとも簡単に手に入る不労所得と評判!サイレントワーカーをレビューしてみる

皆さんは今どんなことに悩んでいますか?仕事が忙しい…ほしいものがある…趣味に時間を使いたい…など悩みは人それぞれいろいろあると思いますが、ほとんどの悩みに関係あるのが「お金」だと思います。仕事を頑張らなければいけないのもお金のためですし、ほしいものが買えない、やりたいことができないなどももちろんお金が原因です。仕事のために自分の時間がなくなってしまうのもお金のせいと言えます。働かなければ生きていけないのでしょうがないとはいえ、一日のほとんどの時間を仕事のために費やして、一体何のために生きているのだろう…と考えてしまうこともありますよね。

しかも世の中はいまや総貧困時代と言われており、収入が少なくて働いても働いてもぜんぜん貯金ができないということも。30代の半数程度の人が「貯金ゼロ円」というデータもあるようです。若いうちはともかく、10年以上働いているのに貯金ができないのが当たり前となっている世の中で、どのように生きていくのか…。

真っ先に思いつくのは副業・サイドビジネスで収入を足すことだと思います。もちろん自分のための時間が確保できている人なら、仕事後に準備や勉強などをして副業を始める土台作りをすることもできるでしょう。しかし、やはり本業だけでも長い労働時間を割いているのにこれ以上稼ぐために頑張りたくないというのも本音ですよね。

そんな方にはサイレントワーカーの「不労所得マシン」がおすすめです。この不労所得マシン、その名の通り一切の作業や準備、知識などが必要なくスタートさせるだけで毎月不労所得が入ってくるというものです。初期費用さえあればスタートできるというのは、時間や準備が大変な社会人の方はもちろん、事情があって働けない・働くことが難しいという方にもうれしいポイントですよね。

そんなうまい話あるの?と思ってしまうかもしれませんが、実はクラウドマイニングや投資ツール、自動アービトラージなど元手さえあれば自動で収益を出せる仕組みというのは世の中には割とたくさんあるんです。ただ、ツールは知識もある方が運用することで稼げるようになりやすいものがほとんどですし、投資やFXなどは上がり下がりにもかなり影響されてしまうのでギャンブル的要素が多いです。サイレントワーカーの不労所得はギャンブル性がなく「毎月確実に、知識なく稼げる」という点では飛び抜けているでしょう。もちろん投資や仮想通貨などは急に1000万円などの大金に化ける可能性もありますので、一概にどちらが優れているというのは難しいですが「確実に」「知識や作業無しで」稼ぎたい!という方には今一番オススメできるものでしょう!

仮想通貨の手数料はどうなるのか

金融関連のサービスを活用していると、たまに手数料が気になってしまう事があります。振り込み手数料もその1つです。ですが仮想通貨は、その手数料が非常に格安になっているのです。

金融サービスを利用する時の手数料

多くの方々は、銀行振り込みなどのサービスを活用しています。振り込みは確かに便利なのですが、どうしても手数料がかかってしまうのです。WEBで振り込みするにしても、数百円ぐらいの手数料を支払う事になるでしょう。
そうかと思えば、外貨に関する手数料もあります。海外に送金したい時などは、銀行のサービスを活用するケースも多いです。ところが日本円を外貨に両替する時などは、たいてい指定の手数料が徴収されてしまいます。リフティングチャージなどの手数料がかかり、状況によっては数千円ほど支払う事もあるのです。FXなどのサービスを利用すれば、かなり手数料を節約する事はできますが、それでも無料ではありません。

振り込みや海外送金の手数料は無料

ところが仮想通貨の場合、原則として上記のような手数料はかからないのです。仮想通貨も、日本円のように送金する事はできます。銀行振り込みと比べると、かなりスピーディーに送金できるメリットもあるのです。
それで仮想通貨の場合、たいていは手数料無料になります。数百円前後の手数料がかからないメリットは、とても大きいです。
海外に送金する時の手数料も同様です。仮想通貨は世界各国に送金する事もできますが、両替手数料などを徴収されてしまうことはありません。
というのも仮想通貨の場合、そもそも両替される事がないからです。送る側も受け取る側も、どちらも同じ通貨を使用する事になります。わざわざ両替する必要もない以上、手数料も原則として無料になるのです。

取引手数料はかかる

ただし投資商品の場合は、手数料は徴収される事はあります。仮想通貨で取引するなら、取引所のサービスを活用する事になるでしょう。取引所を経由して売買する時には、指定の手数料は支払う事になるのです。ちなみに手数料の具体的な金額は、取引所によって異なります。手数料が高いかどうかを基準に、取引所を選んでいる方も多いです。
それでも株式取引などと比べると、手数料は比較的低めな傾向があります。証券会社で対面取引する時などは、手数料が1,000円以上かかる事もありますが、仮想通貨はそこまで高くありません。手数料が格安になっているのは、仮想通貨のメリットの1つです。